Xbox LIVE Account Security

アカウント セキュリティー
に対する取り組み

Microsoft では、Xbox Live メンバーのセキュリティーを保護するための継続的な取り組みをおこなっています。このため、Xbox 360 へのサインイン時にパスワードやセキュリティー情報の登録が必要になることがあります。



Xbox 360 にサインインする際、次のセキュリティー情報が求められる場合があります:

  1. Microsoft アカウントとパスワード
  2. セキュリティー情報
  3. アプリ パスワード

このほかの、お使いの Microsoft アカウントのセキュリティー強化のための設定については、セキュリティー チェックリストをご確認ください。




1. Microsoft アカウントとパスワード

Xbox 360 にサインインするときに、Microsoft アカウントとパスワードの入力が必要になることがあります。

お使いの Microsoft アカウントとパスワードでサインインしてください。詳しくは Microsoft メール アカウントとパスワードの入力を予期せず求められる理由および xbox.com/proofs をご覧ください。



2. セキュリティー情報

download icon

Xbox 360 にサインインするときに、セキュリティー情報の登録が必要になることがあります。Microsoft アカウントにセキュリティー情報を追加することによって、アカウントに不正な変更が加えられていないことを確認しやすくなり、アカウントのパスワードを忘れた場合にパスワードを再設定しやすくなります。お使いの連絡用メール アドレス、または携帯メール/携帯電話番号を登録して下さい。この情報は、あとで [設定] > [アカウント] > [アカウント セキュリティー] からも変更/登録できます。

PC から登録する場合は、セキュリティー情報の管理にアクセスし、お使いの Microsoft アカウントとパスワードでログインしてください。また詳しい手順については、連絡先情報の本人確認のお願いをご覧ください。



3. アプリ パスワード

セキュリティー情報の管理で 2 段階認証を有効にした場合、Xbox 360 へのサインインにはアプリ パスワードが必要になります。Xbox 360 へサインインする際には、アプリ パスワードと 2 段階認証の手順で新しいアプリ パスワードを作り、Microsoft アカウントのパスワードの代わりにアプリ パスワードを入力してください。